日本語

事務所の概要

Moreno & Villarrubia LLP は多様性を重んじる法律事務所として、米国への移民に関してお困りのお客様にご満足いただけるサービスを提供しています。当事務所には、英語、スペイン語、アラビア語、フランス語、日本語を話す弁護士が在籍しています。他にも多くの言語に対応しています。どうぞ母国語でご相談ください。

実績ある移民弁護士

移民分野の法律に関する豊富な知識と実績を備えた当事務所の弁護士が、お客様をサポートいたします。数々の受賞歴を誇り、他の弁護士に対する講演やインディアナ州弁護士協会の委員など積極的な活動を行っている当事務所。

その優れた人材と専門知識は、地域の皆様のためにも役立っています。

親しみやすい雰囲気

当事務所はインディアナポリスでも便利な場所にあり、弁護士や事務所スタッフが、お客様を大切な友人や家族のように温かくお迎えします。移民問題にお困りのお客様やご家族の皆様に、次のようなアドバイスや支援を提供しています。

· H-1B ビザ、E ビザ、L ビザなどの就労ビザ

· 従業員および雇用主の I-9 コンプライアンス

· K-1 婚約者ビザ、配偶者および両親、子ども、親族の移民・非移民ビザなど家族移民およびビザ

· 市民権および帰化に関する問題

· 強制退去および強制移送に関する弁護

· 幼少時に入国した若者たちのための強制退去措置の延期 (DACA) のケース

· U ビザおよび女性に対する暴力防止法 (VAWA) のケース

· 難民希望者および関連する問題

米国移民問題に関する豊富な経験

当事務所は、お客様の立場に立った、わかりやすい説明を心がけています。所属する弁護士の多くは、自らも移民問題を経験しており、家族が米国に移住したり、国外退去の問題に直面した者もいます。つまり、お客様はもちろんのこと、親族とともに入国管理制度に関する経験を積み重ねて参りました。

米国へ移民手続きには、心理的、経済的、現実的な困難が伴います。人的要素と合わせ、技術的な側面、法律面も理解し、代理人として、お客様に満足いく結果を提供できるよう尽力しています。

弊社にご相談ください。日程を調整させていただきます。クレジットカードを利用可能で、必要に応じて、営業時間外のご予約も受け付けています。ご相談は、さまざまな言語で承ります。Se habla español.日本語でもどうぞ。